働く男

ワークマンに行きました。
要はこの記事を見たのです。

ワークマンvs雪山!全身ワークマン装備で極寒が快適になった!

バイクって冬は本当に寒いんですよ。
体感温度を教えてくれるこんなサイトがありました。
体感温度 – 高精度計算サイト

時速60kmで走行中の風速は単純計算すると
時速60km×1000m÷60分÷60秒=秒速16.66…mになります。
そんでもって冬場の寒さと言いますと出勤時間帯は5度とかザラです。
で、湿度40度位の中走っていくと考えて入力すると…

-9.6度!?
そんな寒さの中でバイク乗ったら指取れるわ!

という訳で、去年タイチの電熱グローブを買ったのですが、W800のバッテリーまでのアクセスが面倒くさすぎて今年は未だ使用しておりません。

バッテリー入れて使うと結局手首に違和感ができちゃうし、
車体から電源取るってなるとコードが煩わしすぎて中々使う気にならないんですよね。(こう言ってられる間は未だ暖かいんだと思います。)
後、個人的な防寒対策なのですが、

1.靴や手袋にきついものを使わない。
おそらく血行が悪くなって末端が冷えていってしまうんだと思います。

2.インナー手袋や5本足靴下を履く。
汗冷えが一番問題です。下手に綿の分厚いシャツを来て走るより、速乾性の薄いシャツのほうが身体は冷えにくい気がします。

3.質量の重いものを身に纏わない。
革ジャンは安全ですが、革そのものが冷えます。
そして防風は出来るのですが冷たい風が身体にあたり続けるのでいつまでたっても暖かくなりません。
下手に革ジャンを羽織るくらいならゴアテックスのウィンドブレーカーを着ている方が暖かいです。

3番目にゴアテックスを着たらと書きましたが、ゴアテックスの薄いやつしか無いのです。
ならば、ゴアテックス並みに軽くて暖かい服があれば・・・?

いうわけでワークマンのAEGISであります。
img_0974
防水防風透湿!
顔半分までファスナーが上がって隙間風無し!!
しかも首元はアルミ蒸着フィルムで熱反射効果でホッカホカ!!!
ファスナー&マジックテープで完全止水!!!!
袖口はストレッチ素材で入り込む風もシャットダウン!!!!!

そしてそして!ズボンの部分は立体裁断でバイクに乗ってても裾が上がってこない!!!!!!
『でも〜…お高いんでしょう?』

なんと!6800円!!

『でも、そんなに安いのって何か不安だわ〜』

安心して下さい!コレを作っているメーカーは!
なんとあのキャンプ用品メーカーのロゴスでございます。

タグにもアウトドアーワーキングって書いてあるレベル。
img_0973

強いていうならば、夜間作業も安心ね!って事で反射素材で背中でデカデカと書かれたAEGISのロゴがダサいってくらいで現状全く欠点が見当たらない…!

安くて暖かくてとにかく凄い!
今年の冬はワークマンで決まりだね!!
(こうやって言ってたらワークマンの人がサンプルとかくれないかな?っていう)

ワークマン 防寒作業着 『 イージス 』

特殊防御が上がるやつ

シールド届きました。
01

とりあえずステーの部分を組立ててみるも、ちっちゃい!
09
目玉をデロンと取りまして、ヘッドライトステーと本体を固定してるボルトを片側づつ外す(光軸をずれさせないため)
04

バイクと対話しながら取り付ける山本
img_1105

至って簡単に取り付け完了
07

そして、こんな感じになりました。
%ef%bc%90%ef%bc%92
後ろ側から
03
そして、天気も不安定なので遠出はせずにいつもの府中2りんかんへ。
2度めのオイル交換となりました…が。

脳漿再び!
img_0925

ちなみにこの日に交換してくれた方に乳化の件を聞いてみた所…
全く問題ない』とのことでした!

とりあえず、ミニシールドがとりつきましたが、そこまで距離を走ってないので『こりゃすごいや!』ってレベルに実感は出来てません。

が!帰り道に明らかお腹から首にかけての風が少なくなりました。
ヘルメットの下顎ギリギリに空気の境い目があるようで、ちょっと体制を低くすれば顎下から巻き込む風を感じないレベルです。

ちっちゃいのに凄いぞ!烏帽子シールド!
img_0926

写真多いと文章のテンポがわからなくなる…。

留年回避

なんとか26歳の単位取れたんで27歳になれました。

多摩川沿いを走りながら26歳の時の自分を省みていたのですが、
自身の書店イベントの為に遂に手に入れた大型バイクで向かってる現状を考えたら、今年は文句無しで満点をつけれると思いました。

来年も26歳の自分に恥じない27歳になっていければと思います。

2016年11月29日に2929km達成!

15289232_1285758248165305_2197642654441254736_o

前回が1500kmでオイル交換だったので、今回もちょっと早めにそろそろ交換したい所…。

やられる前にやってやられた。

うちの職場は一応18時に定時を迎えます。
なんだかんだで明日の準備とかで大体19時前に大学を出る事になるわけですが…。

K山『おつかれさん。この後のご予定は?』
と、お誘いが入りました。

ちなみにK山君は高校時代の同期でして、一年生の一番初めに生物部の体験入部で知り合った割りと長い友人です。
当時、携帯(勿論ガラケー)の画面がバッキバキに割れているのに、『頑張れば見れる』と言いながら頑張って使っておりました。

実は彼とよく話すようになったのは大学生になってからで、最初は『実はお互い音楽をやっている』というところが接点でした。

彼は大学に入ってからベース初めたようで、当時からよくベースを乗り換える男でした。
そして、私は彼に二年遅れて大学に入りギターを初めたわけです。
当時からよくギターを改造しまくる男でした。

さて、そんな彼がある日うちに遊びに来た時にバイクで来たことがありました。
当時はスーパーカブや昔から憧れいたVespaの他、50ccのスクータくらいしか2輪の乗り物について明るくもなかったのですが、会う度にバイクが変わっていたことを覚えております。

流石に社会人になってやっと長く付き合える相棒が見つかったのか、いざ私がST250Eを買った頃にはCB400SSに乗っておりました。
img_2191
このCBとの思い出も色々ありました。
彼と初めてツーリングへ向かったときの道志みちのカーブで目の前でフルバンク停車をかまして『やっちゃった笑』と照れくさそうにバイクの下から出てきた事や、伊勢崎から下道で帰っている時のコンビニ休憩中に『切れちゃった笑』と照れくさそうに破断したクラッチワイヤーを見せつけてきた事とか…。
(CBの思い出というかK山君の思い出か?)

そんなこともあって、今ではバイクと楽器という共通の趣味もあって、ちょいちょいと連絡を取り合う様な友達になったわけですが、考えてみたら我がW8こと『ダブパッチ』は見せておりません。
そしてこの時間に誘ってくることは即ち…夜ツーリング!
渡りに船ということで待ち合わせ場所を決めてそのまま帰路を変更したわけです。

 

そして待ち合わせ場所の多摩センター付近のコンビニに着いたわけですが…。
お互いの現在地との中間地点がこの辺だったのですが未だ来ていないようです。
CB400SSの太ましい単気筒の音も遠くから聞こえてきません。

駐車場に停まっていた銀色のバイクの隣にとめて、暖を取りに店内へ。
img_0846
見覚えのあるヘルメットがあったような…なんて思いながら、珈琲を買って店から出てくると…。

満面の笑顔でK山君が銀色のバイクの前に立っておりました。

そして、いつものように『買っちゃった笑』と照れくさそうに言われた訳です。


クソ!やられた!!

 

要はK山くんはCB400SSからSuzuki SV400Sに乗り換えて、このドッキリを仕掛けるために一言もSNSに書かずに今日を迎えたらしいのです。

結局、合流してから相模湖の近くのコンビニで軽く喋って解散となりましたが、改めて日中走りたいなー
img_0855

…自慢し損なった気がする。

ちっちゃくても凄い奴。

カワサキからアンケートのお礼(記念品?)が届きました。
img_0836

至って普通のラバーコースター
オフィスとかに一つあると良いのかも。
この上にSuzukiの湯呑みとか置いて使ったら怒られそう笑

というわけで、先日の深夜小田原ツーリングから風対策を考えています。

ST250Eの時はあの馬鹿でかい奴を取り付けていたお陰で、随分高速道路での走行が楽になったのを覚えております。
何より走ってて『暖かい!』という不思議な感じ。
img_0261
いやね、勿論寒いんですよ。
でも直接風が身体に当たらない事による風で熱を持っていかれないと言うのが長距離ひたすら走り続ける人間にとって差は大きい…!

しかし、例のバイクシェルターにバイクを格納するとなると逆にあの大きさが仇となってしまうのです…。

というわけで、ちょっと考えているのがコチラ

カワサキ純正カウル
vol110_w800_02

CHIC DESIGN MR48847328_1_02

World Walk ws-18mc
img_0827

やっぱりカウル型は高いです。
純正で50000円位でシックデザインので36000円とか。

そして、一番下の意味あるのか?ってレベルの申し訳程度の風防。
こちらのお値段なんと5000円!

まぁ、たしかにパーツとかサイズとか考えたらコレくらい安くないと買わないよなぁ…と思いながらコチラの公式ページを御覧ください。

World Walk ウィンドスクリーン WS-18M

汎用性は求めずWとSRに似合うフォルムを追求

カスタムベースにも選ばれることが多いSRやWシリーズですが、ライディングポジションは上体が起きたポジションになります。そのため80km/h以上での高速走行では風との戦いになります。橋の上などで強い風が吹けば体が後ろに引っ張られるような経験をした方もいるはずです。

とても小さいウインドスクリーンですので体全体に当たる風をやわらげることは出来ませんが、体の中心部分に当たる風をやわらげる効果があり高速走行時の風当たりを軽減しアクセルを開けるのが楽になります。

下道を走る速度域では体感的に違いを感じることはあまりありませんが、体に当たる風を確実に緩和させているため目的地に到着した際に疲労の軽減を感じることが出来るはずです。

よし、注文。

だめなんですよ…。
こういうセールストークとか弱いんですよ…。
この正面からの姿も見納め…かも?
img_0775

銀杏注意報

大学のキャンパス内に銀杏が落ち始めました。
やばいです。臭いです。
img_0813

問題はその銀杏のカスがオイルフィルターの所にはねて固まって異臭を発している事です。
…とりあえず、磨いてあげよう。

今日の午前中は遂に最後となる等々力不動尊引率へ。
全4回のこの授業、今週と先週はしれっとW800で来てますが、最初の2回はST250Eで来てたんだよなぁ…。
img_0261
なんて、学生のデッサンを見回りながら思いを馳せる秋の朝

膝から崩れ落ちた時の話

忘れもしない2016年4月17日…
私がかつての相棒ST250Eにカバーをかけなくなった日である。

1200

遡ること半年前の4月16日。
新しい職場のに戸惑いつつも慣れ始めた春先、勤め始めて4回目の週末であった。

その日は、例のクラッチレバー折れ事件の時に後ろに乗っていた乗せてた大学の友人K柳と井の頭公園にギターを持ちより作曲大会をしていた。

その日も吉祥寺まで向かうのに使ったST250Eは、私の日頃の手厚い世話の甲斐あってか新車といっても過言では無い状態だった。
故に、駅前の駐輪所に停めた時『隣の車両が出庫の時にぶつけてタンクに傷つくのでは…』と気をもんでいたことを覚えている。

その日は風が強く肌寒い一日で、夜はレバー折れ事件のK月(当時は未だ教習所通い中)と、共通の友人S藤の2人と飲む約束をしていたので、適当に身体が冷えてきた所でK嬢と別れて帰路につき、いつものようにバイクにカバーをかけたのであった。

K月とS藤は私のかつてのバンドメンバーで、会ったらお互いの近況報告や昔の話を肴に盃を交わしながら一通り盛り上がり、その後は懐かしのゲーム大会というのがお決まりの流れで、その日も又例外ではなかった。
下戸のS藤や、外で強くなる風の音、そして振り始めた雨の音をよそに、私とK月はひたすら酒を飲み続け、対戦ゲームに夢中になっていた。

 

…気がついたら朝である。
私とK月は途中で潰れてしまったらしく、起きたらS藤が一人でRPGを進めている。
これもいつもの流れである。

私が重たい頭で3人分の朝食を作っていると、いそいそと帰り支度をしているS藤。
なにやら、今日は朝から予定がある様でそろそろ家を出なくてはならないらしい。
それならば見送ろうと、玄関を出て家の外の様子を見た時である。

カバーが外れていた。
雨ざらしの状態で相棒はそこにいた。

いつもはサイドスタンドを使って停めているので正面から見て右側に傾いていた。
しかし、今日は何故か左に傾いているのだ。

降りしきる雨もお構い無しでSTに私は駆け寄った。
上の写真にも写っているのだが奥にブロックで出来た壁がある。
あそこの奥の土の所にハンドルは刺さっていた。

そして、後ろにつけた大きなGIVIのパニアケースはブロック塀にもろにぶつかっていた。
しかし、そのおかげで完全に倒れきらずに済んでいたようである。

荷物を雨から守るだけでもなく、バイクも守ってくれたGIVI!
雨ざらしになって、ハンドルは土まみれ、パニアケースに傷がついたとしてもマフラーもボディも全く傷なし!奇跡がおきた!

安堵しつつ車体を起こそうとSTのハンドルに手をかけた時、私は少し違和感を感じた。

ハンドルが車体を支えているはずなのに左右に動くのである。

パニアケースとハンドルによって支えられてるのであれば、倒れている状態でハンドルを掴んでも可動しないはず…。

それもそのはずである。

 

支えていた場所がガソリンタンクだったのだから…。

iphone6_20160505-502

この時、本当に雨の中膝から崩れ落ちた…。
そして、私はこの日からST250Eにカバーをかけなくなった。
スラム街の様な駐輪場に停める事も躊躇なくなったのである。

要は雨で濡れたバイクのカバーが風にふかれてパラシュートとなり、そのまま右側に倒れ込んでしまったということである。
前輪と後輪にカバーを挟み込んでいた洗濯バサミは何も意味をなさかなったのだ。

 

…それから半年がたった。
今ではかつてのバイクのあった場所にオレンジ色の車体が止まっている。

シェルター付きでな!

komine1

しかも壁の高い方に固定してな!

komine2
大家に許可取ってないけどな!!

komine5

…はい、Komine AK-103 Motor Cycle Domeを買いました。

開くとこんな感じです。
komine0
そして、閉じる時はこんな感じです。
komne3
なんでST250Eが写真に使われているって?
納車された日から使えるように納車の前の週に買って組み立てて置いたからだよ!

これで無敵。

ちなみに、雨の日でもカバー自体がバイクに直接張り付かない為、多少の雨漏り(結露による水滴?)はあれど本体は全く濡れません。

凄いぞコミネ!(ウェアは一着も持ってない。)

ETCにいてんぜろ

既にETCを搭載しているのにわざわざETC2.0にに付け替える人なんていないですよね。
ETCに移転ゼロ…。

はい、お疲れ様です。
ETCを取り付けました!

img_0734

W800の契約時期を見計らってた時に8月迄助成金やってたんですよ。
でも、どう頑張っても8月中には契約が出来ない…。
なんて思ってたら助成金のキャンペーンが終わってしまいして…。

ところがどっこい!ETC2.0キャンペ―ンが開始されました!

実は納車前、よく通っているナップス三鷹東八店にて予約をしておりまして。
キャンペーンのお陰なかなか土日が混み合っている様で、納車から1週間あいてから取り付けをすることになったわけです。

そして助成金パワーで27500円とかで取り付けする事ができました!
ハンドルにアンテナとインジケーターが装着する形に。
まぁ、携帯ホルダーも付いてるし、多少ハンドル周りがごちゃついても仕方ない…。
img_0774

今回取り付けたのは、見ての通りアンテナ別体型になります。
カード自体は鍵のかかるシート下の専用スペースいれて置く形式になります。
ちなみに粘着テープで貼り付けてあるのでこの角度で固定されています。
cxrumxbwiaewfup
ST250Eはハンドルの所にアンテナ一体型がもろ見えだったので、ちょっと離れるときも取り出して入れ直しておりました。(凄い面倒だった…)iphone5_20150726-033
あんまり良くないとは言いますが、ちょっとバイクを離れる様な高速のSA/PAとかでETCカードの抜き差しを気にしなくて良くなったのが嬉しい!

助成金のキャンペーンがあったので初物ETC2.0を取り付けたわけですが、現状、従来のETCも大差ない時期だと思います。
既に圏央道での料金水準を2割引は既に始まっているみたいですが、今後に期待してます!

アンテナ別体型になったのが本当に嬉しい…!

午前中で取り付け作業が終わったのでぷらっと走りに道志みちへ!
天候も怪しかったので、本当に入り口の入り口辺にあるサークルKでコンビニコーヒータイム。曇天の中のオレンジ色がいい感じ。img_0757
結局、山中湖側から帰ってきたライダーが雨具を着込んでいるのをみて、慌てて退散。そして、帰り道で給油していると丁度1234km
img_0768
そして、道の途中でディーラーに寄って例の1ヶ月点検をやってもらいます。
1ヶ月或いは1000km迄が点検期限ですが、予約が埋まっていたので、この日の夜となってました。(ちょっとお得?)

そして、いじられる『だぶぱっち』を眺めながら、ディーラーの担当人と色々先見話をしておりました。
この人もまたW800オーナーなので色々話が通じやすくて楽で良い笑

そして、点検が終わったらワコーズ貯金箱を頂きました!
cxxjbsew8aapbxn-jpg-large
『これが満タンになったら新しいバイクを買いに来て』と言われましたが、修理費に回させて頂きます笑

新車をこかす

昔のバンドのベースであり、良き友である友人K月
彼もまたライダーである。

先の記事で書いた下宿生時代のアパートに別れを告げ、未だに大学に助手として在学している彼に会いに行く。(大学は違えど自分も同じようなものである笑)

若き画家の制作が終わったのを見計らってツーリングへ誘い出す。
助手を始めるに当たって通勤の為にバイクの免許を取って今年の6月に新車でセローを購入。
かつての新車は色々あって既に事故車である。
同期の共通の友人K柳嬢も合流して、そんな奴の後ろには乗せられれないので我がW800の後ろに乗っけていざ海へ向かって走り出した。

インカムで3人で通話しながら16号を走っているとあっという間に246号の交差点付近に来たので一度地図を確認するために近くのコンビニに入って休憩する。
やはり、この時期のコンビニ珈琲は最高である。

休憩の時に入ったコンビニで撮ったW800に跨るK月
img_0707
コレがバイクにレバーのある最後の姿になった…。

まさか、この後きれいな夜景を目指して湘南平を目指すも、セットしたカーナビに騙されて凄い急な坂に入ってしまい、進路変更をする為に停止するも転倒し、まさかのクラッチレバーが折れて走行不能という自体になることになるとは…

img_0724
セローの方のな!!!!!

img_0724

というわけで、コンビニでビニールテープとボールペンを買って応急処置。
交換用のレバーも『お前が案内した道のせいで転んだんだ』と言われて何故か俺が買うことに…。

ち、ちっちゃい男や…。

でも『お前の方が給料いいんだから!』とまで情けないことを言われたので、もう仕方ないの気がしてきた…笑

50→50→90→250→800

昔住んでたアパートに遊びに行く。
img_0686
ST250Eの時もここに停めて昔の家に思いを馳せておりました。

ここには一瞬だけ乗ってたクレアスクーピーや
(画像の画質が色々時代を物語ってる…笑)
110913_1612001
今でも雨の日やちょっとした足になっているカブや
ipad-mini-20150320-458

ST250Eの前に乗っていたCD90を停め続けていた場所です。
iphone5_20150709-938
もちろん、今は家の中から写真なんて撮れませんが、
ST250Eもここに停めて写真なんて撮ったりして笑
img_0686
最早、通過儀礼の様になっております。
と、並べてみると5台もバイク乗ってるんだなぁ…ってちょっと驚き。

やっぱりST250Eが一番距離を共にしているので思い入れがありますね。
しかしW800はもっといろんな場所を共にする事になると思います。

その頃にはST250Eも『昔乗ってたなぁ…』ってなっちゃうのかもしれないですね。

この後は大学時代の友人と会っていざツーリング!