オンロードとオフロード

W800を購入して3年が経った。
半年で10000km走るこのペースではすぐにWを乗りつぶしてしまう!

そう考えて目をつけたのはYB125SPという中国YAMAHAのバイクだった。
その後、妻に『タンデムだけじゃなくて一緒にバイクに乗ってどっかに行こう!』という提案をして、免許を取りに行ってもらっている間に購入を決めた。
当時は車もなかったし、我々の移動手段はもっぱらバイク。
それぞれバイクに乗って旅をしてみたかったのだ。

スーパーカブ、CD90、ST250E、W800と乗り継いできてある程度の修理・点検は出来るようになっていた。
スーパーカブサイズならタイヤ交換も出来る。
下駄にアフターサービスを何も求めるつもりはない。
そんなつもりで、乗り出し価格が一番安い場所を探して購入した。

その結果、なんと乗り出し17万である。

同じエンジンを積んでいるアプリ○アとかBE○Aの車両は50万くらい。
しかし、そんなブランドにも使われるという信頼感はとても良い。

ちなみに当時はW800とスーパーカブ50が家に居た。
この1992年製のボロボロのカブはとの付き合いは21歳のときからだ。
一人暮らしを初めて最初の大きな買い物だった。

緑の車体に黄色いTakegewaのサスペンション。
防寒用の前掛にが大きなリアボックス付いていたから、雨の日の通勤で未だ現役で働いてくれていた。

投稿者: hoshiniku

さんぽんぽーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)